1. HOME
  2. 研究開発
  3. 晶析

晶析

連続晶析

製剤特性・薬物動態に影響する原薬の結晶形・粒子径・品質を制御し、粉砕工程を省略した効率的で再現性のある連続晶析プロセスをご提供します。

粒子径の制御

晶析は原薬物性を決定する最も重要な単位操作のひとつ

  • 原薬の結晶粒度は製剤の溶出性に影響する
    ・従来のバッチ晶析では広がった粒度分布を持つ製品結晶が得られるため、通常は粉砕工程が必要である
  • 物理的エネルギーでの粉砕により、不純物(副生成物)が生成する場合がある

バッチ晶析

バッチ晶析

バッチ晶析 D50 58μm

レンズ Z100R:X500

レンズ Z100R:X500

連続晶析

連続晶析は結晶の成長過程で任意に結晶を取り出すことができる

  • 目的とする粒子径や粒度分布の揃った製品結晶を得ることができ、粉砕工程の省略も期待できる
    (製造期間短縮,製造コスト削減にも寄与)
連続晶析

連続晶析 D50 3μm

レンズ Z100R:X500

レンズ Z100R:X500

CONTACT

資料請求・お問い合わせは、
以下メールフォームまたはお電話からお問い合わせください。

電話でのお問い合わせはこちら

06-6401-1324

受付 / 平日 9:00~17:00(土・日・祝日・当社休日を除く)